ゴルフgti(golf GTI)走りの歴史

ゴルフgtiは1976年の初代より現在のゴルフ5までフォルクスワーゲン自身がホットハッチのあるべき姿を模索しながら作り上げてきた歴史がある。
初代ゴルフgtiは「アウトバーンの追い越し車線を走れる唯一の小型車」と当時言われるほどの1.6リッター110馬力というハイパワーを誇り、VWgolfの名を世界に知らしめた。
しかしその後、ゴルフgtiは3代目、4代目と進むうちに状況の変化から有名無実化してしまった。ゴルフのみならずクルマを取り巻く環境がそうさせたといえるだろう。
ゴルフ5ではフォルクスワーゲンが自問自答した結果、「gti is back」というキャッチフレーズのもと事実上の復活をとげたといえる。
かつての栄光を!走りのゴルフgtiの復活である。


フォルクスワーゲンゴルフ中古本体から関連パーツまで探す方はこちら>>>



ゴルフgti5(golf GTI D)の誕生、性能

ゴルフgti5は2006年に輸入開始されたのだが、その優れた走行性能には口コミ評価を含め、すでに多くの評判が寄せられている。
まず、オーナーの心をくすぐる外観。ホットハッチを体現する黒のフロントグリルに赤のピンストライプ。また300km/hまで刻まれたスピードメータなどゴルフgtiならではの遊び心満点。
パワーユニットは200馬の2リッター直噴ターボ。DSGおよび6速MTもつく。17インチタイヤで足元をかためるなどゴルフgtiらしさは随所に満載だ。
走行させると「これぞゴルフgti」と感じるという。オンザレール感覚の直進性、異次元のハンドリング、コーナリング性能などその違いは数えられないほどである。
ゴルフgtiが「スーパーハッチ」と呼ばれるゆえんである。

ゴルフgti5(golf GTI D)の試乗方法

ゴルフgtiはその性能から多くの評判を得ているのだが、口コミを含め事前に情報を得てから試乗をすることを勧める。
ゴルフgtiはすばらしいことに間違いないが、実際に前評判どおりの期待に応えてくれたのか?を知っておこう。
試乗のまえに知るべきポイントを知っておくことは大事である。
ゴルフGTIに関するオーナー評価はおおむね良好なのだが、あえてマイナス部分をクチコミ情報としてここではあげておこう。
それは乗り心地である。「車高が低いから」「17インチタイヤのマッチング」など走行重視のクルマにありがちな問題をゴルフgtiにもあげる人は多いようだ。
ゴルフgtiを現実にはファミリーで使う場合も多いからであろう。
ゴルフgtiの欠点を知った上でフォルクスワーゲンディーラー試乗に臨んでほしい。すると良い点だけにとらわれない評価ができると思う。

 

Copyright © 2008 ゴルフgti(VW golf GTI)栄光の歴史、性能、試乗

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

inserted by FC2 system